会社などにおけるお歳暮の取り扱い

subpage01

昔は取引先などに高額なお歳暮を贈ることがありましたが、最近はそうした行為は癒着につながってしまうということで急速にすたれてきています。

お歳暮を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

しかし、社内の同僚や上司などに高すぎないお歳暮を贈る習慣は幅広く行われているのです。

社内という環境であってもあまり高額な品を贈ることはよくないので、もっぱらハムやタオルを選ぶことが多いといえます。
これから上司などにお歳暮を贈ることを考えているならば、あまり気負いすぎずに本人に確認を取ってみましょう。取引先へのお歳暮は一応行うことはできますが、これは双方にとってかなり気づまりする行為であるといえます。

逆にこういった品を贈る際に高額なものを要求してくるなどの相手の場合は、今後の付き合い方を考えておきましょう。



会社にってはこういった贈答品の一切を禁止している企業も存在しており、昔ながらの習慣はとても難しい扱いとなっています。なので実際に業者に注文する前に、上司などにしっかり確認を取ることが大切です。


コンプライアンスの観点で考えると品物を贈答するという行為は問題がある行為であり、お歳暮もそういった事情があって最近はすたれてきている習慣といえます。



しかし、上司などに気軽に年末の挨拶ができる、あまり接点のない取引先とパイプができるという意味でメリットは数多く存在しているのです。


行う価値は十分にあるので、所属している会社の規約と相手の会社のスタンスを考えて、慎重に行ってみるといいでしょう。