お歳暮で一年のお礼を

subpage01

物のやり取りにあまり意味が感じられないという方も多いのではないでしょうか。


親しい人なら折に触れてたずねたり、コミュニケーションをとったりできるので、改めてお歳暮などの贈り物をする必要はないと思うかもしれません。

お歳暮のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

しかし、年を経ていくごとにそういったコミュニケーションも忙しい中どんどん減っていくことになります。


何か節目がなければわざわざ連絡するという事もないのかもしれません。


そういった意味で、お歳暮を贈るという事は相手とのつながりを作る節目として、大切にしていきたい風習といえるでしょう。


可能であれば持参したほうが、相手とのコミュニケーションをとることができるという意味が大きくなります。特に年配の方などには、訪ねてきてくれることがうれしいという事もあるものです。お歳暮は物よりもご挨拶をという意識を持って、贈り物をお持ちしましょう。
もちろん、贈るものは相手の欲しいものを選べるとベストです。


親しい方なら相手の好みに合わせて選んでみましょう。



もし、相手の好みがわからないようであれば、評判の良い食べ物などを送るのもよいかもしれません。


それが相手との話のきっかけになることもあります。



お歳暮時期は多くの贈り物を受け取ることもあるので、食べ物であれば重なってしまってもよいように、ある程度日持ちのするものを贈るのが良いでしょう。

相手のことを考えて、相手の喜んでもらえるものを選ぶという事を意識しておけばよいでしょう。