喫煙のための分煙機について

by:

健康煙草離煙パイプ

愛煙家には、厳しい時代がやってきています。煙草は、どんどん高額となり、高級嗜好品となりつつあります。年々、煙草の喫煙率が下がり、煙草を吸うのは犯罪に近くなってきているのかもしれません。国では、煙草は大きな税収源なので、煙草を危険ドラッグなどと、一緒にして禁止することはありませんが、健康に害があるので吸わないに越したことはありません。

企業や公共施設でも喫煙室もなく、喫煙しないで我慢するしかない場合さえあるのです。せめて喫煙室を作り、分煙機をおいて喫煙できれば、喫煙者はイライラから解放され一息できるのです。大きく分けて分煙機は卓上型と天井型に分かれますが、どちらも煙草の煙を吸い込む、空気洗浄機機能がついています。キャスターがついていて、移動式の分煙機もあり、煙草の煙を手元から吸い込みます。

個室である喫煙ブースは、煙草の煙は、配管を通って外に排出される仕組みです。煙草は煙で周りの人に受動喫煙として害を及ぼし、煙草の先の火のついた部分は、人の肌に当たれば火傷の原因になってしまいます。ですから、どうしても煙草が吸いたい場合は、指定された場所で喫煙するしかないわけなのです。それでも、煙草をやめられない愛煙家たちは、肩身の狭い立場に追いやられているのです。

確かに、医者にかかって喫煙することもあるくらい、ニコチン中毒というのは手ごわいのかもしれません。吸わない人にとっては喫煙者が理解できないかもしれませんが、煙草を吸った時の気分は何とも言い難い心地よさがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です