分煙機を設置するメリットとは

by:

健康口コミ禁煙グッズ

喫煙者の方は、最近の禁煙ムードの広がりに肩身の狭い思いをしていらっしゃるのではないでしょうか。健康増進法の制定により、副流煙の受動喫煙を防がなければならないこととなりましたので、公共の施設にはこの数年でほぼ全て分煙機が設置されるようになってきており、一般の会社や飲食店においても喫煙スペースと分煙機の設置がもはや当たり前となってきています。昔は当たり前の光景だった喫煙も、今やそれを見かけることすら少なくなってきています。もちろん一部の喫煙者のマナーに大きな問題があったことは確かですし、子供にとってたばこの煙は悪影響であることも間違いありません。

しかし、そのことをわきまえた上で、なおも喫煙を楽しみたい人が多いのもまた事実です。現在の日本の成人の喫煙率は、男性で約30%、女性で約10%という統計が出ておりますので、まだまだ喫煙者の絶対数も多いものです。したがって完全禁煙を実施して喫煙者の足を遠ざけるよりも、きちんと分煙機を設置しておくことで喫煙者にも非喫煙者にも優しい空間づくりをする方がベターであると言えます。そのために多くの会社や店舗では、喫煙ルームを設けて分煙機を設置している例が多くみられます。

また家庭においても、喫煙者の親と未成年の子供が同居する場合や、配偶者が非喫煙者であった場合にはしっかりとした分煙を行って受動喫煙による健康被害を防止する必要があります。家庭用の分煙機や空気清浄機が販売されていますので、積極的に導入するのが良いでしょう。喫煙者も非喫煙者も気持ちよく共存できる空間づくりを考えていくことが求められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です