分煙機には受動喫煙のリスクを下げる効果が期待

by:

健康口コミ禁煙グッズ

分煙機は主にお店の中の分煙化を目的とした利用が行われているのが特徴です。分煙化と言うのは被喫煙者が煙草の煙の害を受けない事を目的としているもので、必ずしも喫煙席と禁煙席が設けられていたり、店内の中に喫煙所が在り、喫煙者の煙が煙草を吸わない人に害を与えないと言う事だけではなく、完全禁煙にすることも分煙化としての効果をもたらしてくれます。しかし、店内を全面的に禁煙にしてしまった場合、喫煙者がお店に訪れなくなると言ったリスクが在る為、店内に喫煙所を設けたり、喫煙が出来る席を設置すると言った分煙化が進められているケースも多く在ります。因みに、店内を全面禁煙にした場合には分煙機は不要となりますが、僅かな空間でも喫煙を行えるスペースを設けた場合には分煙化を行う目的において分煙機は必要となります。

尚、喫煙所内にも分煙機が設置されていますが、狭い空間でもある喫煙所に喫煙者が集まり、一度に煙草を吸う事で空間内部は煙草の煙で充満してしまい、出入りする際に店内に煙が流れ出してしまう事も在ります。扉を2重にすれば多少の煙の流出は防げるとしても、これでは分煙化を行う目的から外れてしまう事になり、喫煙所内に分煙機を設置する事で煙草の煙を店内に流れ出ないように防止する事が出来ると言う事です。また、煙草の煙の害は被喫煙者だけではなく、喫煙を行う人に対しても受動喫煙のリスクが在るため、喫煙所内の空気を浄化する目的でも設置が必要と言う事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です