分煙機と受動喫煙について

by:

健康煙草離煙パイプ

飲食店は禁煙のお店と喫煙所が設けられているお店、禁煙席と喫煙席が分けられているお店が在ります。何れの場合も、受動喫煙のための分煙化が進められており、従来のように席で自由に喫煙が出来るお店と言うのは減って来ているのが特徴です。お店の中で喫煙所もしくは喫煙席で煙草を吸える場合には、必ず分煙機が設置されています。分煙機と言うのは空気を浄化してくれる装置であり、喫煙所などにも設置がおこなわれています。

分煙機が設置されている理由には非喫煙者の受動喫煙を防止すると言う目的が在りますが、これは非喫煙者だけではなく喫煙を行う人に対しても同じことが言えます。受動喫煙は煙草から立ち上る副流煙を吸い込む事で喫煙をした時以上の有害な物質を体内に取り入れると言う事であり、喫煙所内では一度に多くの喫煙者が煙草を吸うため、受動喫煙のリスクも高くなります。分煙機は単なる空気清浄機ではなく、煙草の煙を吸引させることで有害な物質を特殊なフィルターで除去し、綺麗な空気を排出させる役割が在るため、煙草に含まれている有害な物質が取り除かれる効果が在ると同時に、タールなどの臭いの原因となる物質も除去する作用が在る事からも、店内や喫煙所内に煙草の嫌な臭いをつけない、もしくは残り難くする効果を期待することが出来ると言ったメリットが在ります。因みに、最近は家庭用の分煙機も登場しており、部屋の中の臭いを防止する目的で利用されている人もおおくなっています。

離煙パイプのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です