オフィスに完全分煙の喫煙室を手軽につくる方法とは

by:

健康煙草離煙パイプ

近年、受動喫煙による健康被害を防ぐために、全面禁煙に踏み切る公共施設も増えていますが、社員の中に喫煙者が多いオフィスでは、禁煙にするとかえって仕事の能率が下がってしまったりするものなので、福利厚生の一環としてのオフィスに完全分煙の喫煙室を設置するというのが有力な選択肢といえます。使っていない部屋を喫煙スペースに改装するという方法もありますが、この方法では空き室がないと設置できません。また、普段働いている部屋から遠い場所に設置してしまうと、喫煙のためにわざわざ社内を移動する必要があるので非効率的です。このため、現在ではオフィスの一角をパーティションで区切って簡易の喫煙室をつくる方法が主流となっています。

たとえば、広いオフィスの場合には窓際の一角を大きいガラス窓がついたアルミフレームのパーティションで区切り、入り口としてドアを設置することで簡易の喫煙室を設置できますが、予算や設置場所などの都合で吸排気用の換気扇を設置できない場合には、「分煙機」を設置することで低コストで完全分煙の一室をつくることができます。分煙機とは、吸引装置で吸い込んだ空気に含まれる煙や粉塵、臭いの粒子を特殊なフィルターで吸着して取り除き、浄化した空気を排出できる機器ですが、分煙機は設置するために特別な工事が不要なので低コストで喫煙スペースをつくりたいときに重宝します。このように、オフィスに低コストで喫煙室を設置する際には分煙機を利用するのが効果的ですが、最近は分煙機やパーティションの販売・設置を請け負う業者も増えており、各業者は依頼主に合ったベストなプランを提案してくれるので、オフィスに喫煙室を設置することを検討している担当者の方はまず相談してみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です