分煙対策のための喫煙室のありかたと助成

by:

健康口コミ禁煙グッズ

現在では、たばこと受動喫煙に対する健康意識が高まり、様々な場所で喫煙コーナーや喫煙室などの分煙対策がなされています。喫煙室は、受動喫煙を確実に防止するという観点から、効果的な分煙をおこなうために、可能な限り煙が漏れることなく、内部も煙を直接外へ排出できる機器を取り付けて空気環境を良くすること、また、喫煙室からほかの部屋へたばこの煙やにおいが流れ出てしまうのを防ぐために、内部に向かってわずかな空気の流れ(気流)を起こすことが求められています。出入り口のドアにおいては、喫煙者が出入りするときにドアが全面的に開放されてしまい煙が漏れやすく、スライドドアの方が開放部分が最小限に抑えられますが高価であるため、ドア以外の設置として、煙が内部から漏れない程度の気流が確保できる長さである「のれん」が、効果と費用の面から考えて適しているといえます。また、スクリーンを設置しても効果はあります。

排気装置の選定、排気風量の決定、喫煙室の出入口の開口面における風速および風向などは、厚生労働省によって細かくガイドラインが出されています。また、厚生労働省では、職場における受動喫煙防止対策を推進することを目的とし、中小企業事業主が喫煙室を設置するなどの取組みをすることに対して助成金を出しています。対象事業主は、労働者災害補償保険の適用事業主および中小企業事業主であり、一定の要件を満たす設置にかかる必要な経費に対して、2分の1の費用が助成されます。ただし上限は200万円となります。

工事の着工前に「受動喫煙防止対策助成金交付申請書」を所轄する都道府県労働局長に提出し、あらかじめ交付の決定を受ける必要がありますので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です