分煙機で居心地の良い職場作りをしよう

by:

健康煙草離煙パイプ

タバコは年々風当りが強くなってきており、今までは普通に喫煙出来ていたのが喫煙室を作られ非喫煙者と完全に区分されるようになってきました。そうすることで確かに非喫煙者が受動喫煙をすることが少なくなってきましたが、それでも喫煙者が集まる喫煙室の中が煙たくなってしまったりタバコの臭いが篭ってしまったりと、衛生上あまりいいとは言えません。そのような状況を打破する為の装置が分煙機です。これを喫煙室に設置することで煙を吸引し、臭いを防ぐ効果があるのですが、この分煙機にはテーブルタイプとカウンタータイプ、そして天井カセット型などがあります。

様々なタイプをうまく使うことで喫煙室の中でもミーティングなどを行うことも出来ますし、普通に休憩しながらタバコを吸うことも出来ます。また天井カセット型は置くスペースの無い時などに天井に設置することで部屋を広く使うことが出来るようになっています。喫煙者にとっては休憩中の1本もリラックス効果をもたらしてくれますし、ミーティングなどの最中に吸うことで気分転換することも出来ます。そう考えると喫煙というのもある意味では非常に大切な行為と言えなくもありません。

しかし、だからこそ喫煙者の環境を守る為の分煙機は非常に重要な装置でもありますし、非喫煙者が喫煙者と一緒に休憩を取る際に受動喫煙を防ぐ為にも必要な装置になります。分煙機を活用し、喫煙者も非喫煙者も心地良く仕事が出来る環境作りに励みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です