分煙機を正しい場所に設置することが大切

by:

健康煙草離煙パイプ

最近では喫煙できる場所が減り愛煙家は肩身の狭い生活を送っている方も多いのではないでしょうか。お店や会社でもこの愛煙家のために分煙室などを作り、タバコを吸う人や吸わない人のために配慮をしていることころも多くあります。タバコは体に悪影響を及ぼし、吸っている人だけでなく吸っている人の回りにいる人も悪影響を及ぼします。そのため分煙はとても重要です。

この分煙のために効果を発揮してくれるのが分煙機です。分煙機のある場所でタバコを吸うことで煙が部屋に広がることを防ぎ、タバコを吸わない人の体を守ってくれます。しかし、この分煙機の設置の仕方を間違えるとタバコの有害な物質が広がってしまいケースもあります。この機会は煙草の煙やタバコに含まれるタールなどは捕集することができますが一酸化炭素までは除去できません。

そのため、換気の悪い場所で設置してしまうとタバコを吸っていない方にまで影響を及ぼす可能性があります。また、空調の吹き出し口や気流にも注意が必要です。空調の吹き出し口や気流が機械に向けられているとタバコの煙を機械が吸い込む前に他に流れてしまいます。これは、空調だけでなく窓なども同じです。

窓を開けていると風が入りタバコの煙が流れてします。分煙機の効果を発揮する範囲もあり、その機械の能力に合った人数が利用しないと効果を発揮しません。会社やお店などで利用する人数を的確に把握し、その人数に合った機械や台数を準備する必要もあります。タバコは体に悪影響を及ぼす存在ですが、愛煙家にとってはとても重要な存在でもあります。

分煙機を正しく使うことでタバコを吸う人、吸わない人が快適に過ごすために必要な環境を作ることができます。離煙パイプのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です